2008年エコロジーに関する意識はどう変わったか〜エコバッグ利用7割に | RBB TODAY

2008年エコロジーに関する意識はどう変わったか〜エコバッグ利用7割に

エンタメ その他

エコロジーに関する意識調査 2008年版
  • エコロジーに関する意識調査 2008年版
 京都議定書の約束年初年度となった2008年。エコに関する意識はどう変化しただろうか。アイシェアがエコロジーに関する意識調査 2008年版を発表。エコバッグの利用も増えているようだ。

 5月時点でエコに「興味がある」と答えた人は66.4%だったが、10月時点では「非常に関心がある」「多少関心がある」をあわせ78.3%が関心を示しており、エコへの関心は一段と高まる傾向にあることがわかった。

 最も身近なエコ活動のひとつである買い物時の「マイバッグ」持参については、5月時点で「持って行く」と回答した人が半数に満たなかったのが、9月時点では「持っている」人が68.6%にのぼり、そのうちの69.3%は「毎回」または「ほとんど」または「2回に1回程度」実際にマイバッグを活用していた。約半年の間に、マイバッグの普及率、利用率ともに大きく向上したといえる。

 女性より男性の所持率が低いという状況はあまり変わっていないものの、実際の利用頻度は男女による差がなく、男性が積極的にエコバッグを利用するようになった点も注目される。一方、持っていても「あまり使わない」「使ったことがない」人が30%以上いることから、PR等によってマイバッグ利用率はさらに向上することが期待される。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top