ぷらら、迷惑メールの“隔離箱”など「ビジネスサーバ」におけるセキュリティ機能を強化 | RBB TODAY

ぷらら、迷惑メールの“隔離箱”など「ビジネスサーバ」におけるセキュリティ機能を強化

 NTTぷららは12日、ホスティングサービス「ビジネスサーバ」シリーズの無料セキュリティサービスにおいて、メールウイルスチェックおよび迷惑メール対策機能の強化を実施した。

ブロードバンド その他
 NTTぷららは12日、法人向けインターネットサービス「BUSINESS ぷらら」のホスティングサービス「ビジネスサーバ」シリーズの無料セキュリティサービスにおいて、メールウイルスチェックおよび迷惑メール対策機能の強化を実施した。

 「ビジネスサーバ・Standard」「アカデミックサーバ『ビジネスサーバ・Standard プラン』」の契約者を対象にしたもので、迷惑メール『隔離箱』機能、レポート機能、ポリシー設定機能、送信メールのウイルスチェック機能が強化された。迷惑メール『隔離箱』機能では、ユーザが指定した条件により受信メールを別サーバに隔離できるようになった。これにより、ユーザの契約サーバの容量を消費せず、迷惑メールを除外できるとのこと。レポート機能では、ウイルスメールとスパムメールの状況をグラフィカルなレポートで、管理者が閲覧可能となった。ポリシー設定機能では、これまでのウイルスメールおよび迷惑メールの自動削除・隔離機能に加え、これらのメールを受信した際に件名や本文を自動的に編集し、メールを一旦受信することも可能となった。ウイルスチェック機能では受信メールに加え、送信メールにおいてもウイルスチェックが可能となった。なおこれらの機能は、トレンドマイクロの基盤技術を利用しているとのこと。利用料金は無料で申込みも不要。提供開始は15日より。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top