MIJSとNTT Com、国内のSaaSビジネス展開に向けて共同技術検証を実施 | RBB TODAY

MIJSとNTT Com、国内のSaaSビジネス展開に向けて共同技術検証を実施

エンタープライズ その他

 国内の有力ソフトウェアベンダによるメイド・イン・ジャパン・ソフトウェア・コンソーシアム(MIJS)とNTTコミュニケーションズ(NTT Com)は9日、国内企業に対しより使い易く性能・品質の高いSaaS型アプリケーションサービスを提供するために、2009年1月より共同技術検証を実施すると発表した。

 両者はそれぞれの強みを活かし、多彩なアプリケーションサービスをSaaS形式でセキュアに提供することを検討しているとのこと。具体的にはNTT ComのSaaS基盤「BizCITY for SaaS Provider」上での、MIJS参加各社のアプリケーションの動作検証を実施する。検証内容は、アプリケーションごとの最適なサーバ環境の検証(専用サーバ、仮想化サーバなど)、VPNと接続するネットワークゲートウェイ経由でのアプリケーションの動作検証、複数アプリケーションのシングルサインオン機能での動作検証など。検証に利用されるサーバ環境は、NTT ComのホスティングサービスであるAGILITホスティング(専用サーバ)、グリーンホスティング(仮想化サーバ)が予定されている。期間は2009年1月〜2009年6月となる。

 参加企業はアクシスソフト、アプレッソ、インフォテリア、ヴィンキュラム ジャパン、ウイングアーク テクノロジーズ、エイジア、エス・エス・ジェイ、NTTデータ イントラマート、ガイア、JBアドバンスト・テクノロジー、システムインテグレータ、ソフトブレーン、東洋ビジネスエンジニアリングで、順次追加される。共同技術検証の結果を踏まえ、本格サービスの提供に向けた検討を進めていく計画で、モニター企業による販売トライアルも視野に入れているとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top