マイクロソフト、Windows Mobile向けアプリケーション開発者支援事務局を設立 | RBB TODAY

マイクロソフト、Windows Mobile向けアプリケーション開発者支援事務局を設立

ブロードバンド その他

 マイクロソフトは4日、国内6社(イー・モバイル、ウィルコム、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、日本通信)の通信事業者らと協力し「Windows Mobile開発者事務局」を設立した。
 
 「Windows Mobile開発者事務局」は、携帯端末向けプラットフォームMicrosoft Windows Mobile向けアプリケーション開発者に対する情報発信と開発支援を目的にした組織。日本国内のWindows Mobile向けアプリケーション開発者、およびWindows Mobile上でのアプリケーション開発を検討する開発者に対し、開発環境やソリューションに関する情報提供を継続的に行い、開発者コミュニティのさらなる活性化を図るほか、「Windows Live」などに代表されるクラウドベースの新しいサービスや技術との連携に関する啓蒙活動などを実施するとのこと。具体的には、Windows Mobile 開発者のコンタクト窓口、開発者リストの管理 (随時受付)、セミナーおよびイベント等の案内、会員向けメールマガジンの配信、Windows Mobile ソリューション Web カタログの管理といった活動が予定されている。

 マイクロソフトでは、Windows Mobileの開発環境としてVisual Studio2008、.NET Compact Framework 3.5、Windows Mobile 6 SDKなどを提供しているが、今後はWindows Liveの各種日本語APIや、System Center Mobile Device Manager 2008、Microsoft Exchange Server 2007といったサーバとの連携に関する情報提供、実機によるテスト環境の整備などを通じて、開発者への支援を強化する。

 同事務局には、国内6社の通信事業者に加え、ハードウェアメーカーやソフトウェアベンダー、個人のアプリケーション開発者など500名以上(法人・個人含む)が、すでに登録を済ませている。今後は参加する開発者、団体をさらに幅広く募り、Windows Mobileプラットフォームの普及促進を図るとのこと。
《池本淳》

関連ニュース

特集

page top