AT&T、NTT Comなど8社、Ciscoルータを採用したマネージドWAN最適化サービスの提供を開始 | RBB TODAY

AT&T、NTT Comなど8社、Ciscoルータを採用したマネージドWAN最適化サービスの提供を開始

ブロードバンド その他

Cisco 800シリーズISR(Integrated Services Routers)
  • Cisco 800シリーズISR(Integrated Services Routers)
 米シスコシステムズ(Cisco Systems)は28日、あらたに8社のサービスプロバイダにおいて、Cisco ISR(Integrated Services Routers)サービスに対応する統合型ルータ「Cisco Wide Area Application Services(WAAS)」ネットワークモジュールを採用した、マネージドWAN最適化サービスの提供が開始されたと発表した。

 発表によると、サービスの提供を開始したのは、Alestra、AT&T、NTTコミュニケーションズ、Telefonica Brasil、Telstra、TELUS、T-Systems(Deutsche Telekom's business unit)、Verizon Businessの8社。NTTコミュニケーションズ グローバル事業本部新規事業開発部長の関洋介氏は「シスコのWAASソリューションは、ネットワークの透過性に優れていてお客様のネットワーク構成変更の必要性が少ないこと、高帯域向けで特に価格競争力があるところに魅力を感じています。また、CiscoルータにWAASモジュールをパッケージしたルータバンドルタイプがあるため、私たちのサービスメニューの幅が広がり、お客様への提案機会が増すことにも大いに期待しています」とのコメントを寄せている。

 また、同社スタッフがサービス開発コンサルタントに提供し、サービス提供を支援する総合的なブループリント「Cisco Empowered Branch Managed Services Portfolio Blueprint」と、Cisco 800シリーズISRをマネージドサービス環境に導入するためのアーキテクチャデザイン「Cisco 800 Series ISR Validated Design Implementation Guide」も同時に発表された。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top