島耕作はauを使用! KDDIが3千台限定で島耕作コラボモデルを販売 | RBB TODAY

島耕作はauを使用! KDDIが3千台限定で島耕作コラボモデルを販売

ブロードバンド その他

島耕作ケータイ
  • 島耕作ケータイ
  • 画面イメージ
 KDDIは19日、漫画「社長島耕作」とコラボレーションした「島耕作ケータイ」を発表した。

 「島耕作ケータイ」は20日より先着順に受付を開始、限定3,000台で販売される。購入受付は、電子書籍サービス「EZブック」の「ケータイdeコミックフェア」のサイト内にて行われる。

 携帯電話本体は、パナソニック製のW62Pをもとにしているが、島耕作が社長を務める初芝五洋ホールディングス傘下の初芝電器産業を表す「HATSUSHIBA」ロゴが刻印されている。コンテンツには、「島耕作ケータイ」限定の待受画面や各種メニュー、電池ピクトなどのデザインに島耕作を配した「EZケータイアレンジ」と、島耕作の過去の名言集を集めたEZブック「島耕作のビジネス哲学」の2種類がプリインストールされているほか、現在配信中のEZブックコンテンツ「島耕作シリーズ」の中でも人気の高い3作品がプリインストールされている。

 さらに付属品として、初芝五洋ホールディングスの社章、島耕作をはじめとする主要人物5名の社員証、作家弘兼憲史先生直筆のサインシールの非売品プレミアムグッズが同梱される。

 W62Pは、薄さ約12.9mmながら、2.9インチワイドサイズの大型液晶と内蔵型アンテナを搭載し「ワンセグ」に対応した機種。外観に左右非対称で質感が異なる「コスメティックコンシャス デザイン」を採用している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top