BIGLOBE、迷惑メールの誤判定確認サービスを強化〜ワンクリックで確認可能に | RBB TODAY

BIGLOBE、迷惑メールの誤判定確認サービスを強化〜ワンクリックで確認可能に

エンタープライズ その他

「迷惑メールフォルダレポート」のメール本文(抜粋)
  • 「迷惑メールフォルダレポート」のメール本文(抜粋)
 BIGLOBEは17日、 迷惑メールの誤判定確認サービス「迷惑メールフォルダレポート」を機能強化した。

 迷惑メールフォルダレポートは、「迷惑メールフォルダオプション」の利用者が、サーバ上で迷惑メールとして判定された1日分のメールのSubject(タイトル)、From(送信者)の一覧レポートをメールで受け取り、誤判定の有無を確認できるサービス。

 「迷惑メールフォルダオプション」では、迷惑メールを判定し、サーバ上の専用フォルダ(迷惑メールフォルダ)へあらかじめ振り分けるため、クライアント側で受信しなくて済む。ただし、通常のメールが間違って迷惑メールとして振り分けられることもあるため、ユーザが目視で確認する必要がある。今回の機能強化では、迷惑メールごとに個別に生成されたURLがレポートメールに記載されるようになった。

 従来の「迷惑メールフォルダレポート」では、誤判定の疑いがあるメール(問題のなさそうなメール)の中身を確認するためには、毎回、Webメールサービス「ウェブリメール」を別途立ち上げ該当メールを探す必要があったが、新しいレポートメールでは、URLをクリックすると、自動的にウェブリメールが起動され該当メールが表示される。これにより、誤判定の有無の確認作業が格段に短縮されるとのこと。

 なお「BIGLOBEメールバー」と併用した場合は、自動ログイン機能によりウェブリメール起動時のログイン操作をさらに省略可能となる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top