ジュニパー、データセンター効率化のための包括的アプローチを発表 | RBB TODAY

ジュニパー、データセンター効率化のための包括的アプローチを発表

エンタープライズ その他

EX 4200-48P
  • EX 4200-48P
 ジュニパーネットワークスは11日、データセンターの集約およびサーバーの仮想化を効率的に実現する包括的なアプローチ「データセンター・インフラストラクチャー・ソリューション」を発表した。データセンターにおける初期投資を52%削減できるほか、消費電力および冷却を最大44%、スペースを55%まで削減できるとのこと。

 ジュニパーネットワークスの「EXシリーズ」イーサネット・スイッチ、「MXシリーズ」イーサネット・サービル・ルーター、「Mシリーズ」マルチサービス・エッジルーティング・プラットフォームを併用することで、サービスやスイッチレーヤーの統合を容易にし、初期投資を大幅に削減したものとなっている。バーチャルシャーシ技術を採用した「EX4200シリーズ」イーサネット・スイッチにより、スイッチ間のリンクと機器の数を半分に削減し、レイヤー2および3の仮想化を実現した。同時に「SRX」サービス・ゲートウェイによって、12以上の個別のアプライアンスを1つに集約、3分の1のスペースで6倍のパフォーマンスを実現した。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top