MIT・ハーバード大、Isilon IQ導入により次世代DNA配列の解析量を5倍に | RBB TODAY

MIT・ハーバード大、Isilon IQ導入により次世代DNA配列の解析量を5倍に

エンタープライズ その他

 アイシロン・システムズは6日、世界有数のゲノミクスおよびバイオメディカル研究機関である、MIT —ハーバード大学ブロード研究所が、Isilon IQ クラスタストレージを導入したことを発表した。

 次世代のDNA配列解読におけるミッションクリティカルなデータへのアクセスおよび使用を効率化するために導入されたもので、解析および保存可能なゲノムデータ量が5倍に増加するという。現在、ブロード研究所では解析のために、1日数テラバイトのDNA配列とその関連データが生成されているが、Isilon IQ導入によりデータの直接保存、解析が可能となった。

 ブロード研究所、計算科学担当マネージャのマシュー・トルネル氏は「ブロード研究所などで使用される次世代 DNA 配列を解読するバイオインフォマティックスのアプリケーションでは、非常に膨大な量のデータを保存し、管理する必要があります。Isilon IQ を導入することで、高速なワークフローを実現するために必要なデータ スループットを維持しながら、単一ファイルシステムの容量を1年未満でペタバイト規模に拡張できました」とのコメントを寄せている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top