アイシロンが10ギガイーサのストレージでHD動画のオンライン編集などをデモ | RBB TODAY

アイシロンが10ギガイーサのストレージでHD動画のオンライン編集などをデモ

 「ITpro EXPO 2008 Autumn」のアイシロン・システムズのブースでは、10ギガビットイーサポートを搭載したストレージアクセラレータ「Isilon IQ Accelerator-x」のデモンストレーションを行っている。

ブロードバンド その他
「Isilon IQ Accelerator-x」
  • 「Isilon IQ Accelerator-x」
  • VMwareを仮想化環境に採用した場合のストレージネットワークの移り変わり。4Gのファイバーチャネル、ギガビットイーサなどで高速化を行ってきたが、ストレージの大容量化や仮想化環境の増大により帯域が不足している。そのため10ギガビットイーサが必要となる
  •  「ITpro EXPO 2008 Autumn」のアイシロン・システムズのブースでは、10ギガビットイーサポートを搭載したストレージアクセラレータ「Isilon IQ Accelerator-x」のデモンストレーションを行っている。
  • オンラインでのハイビジョン編集のデモンストレーション。編集用のPCとストレージを10ギガビットイーサで接続することで、ハイビジョン映像であってもオンラインでの編集が可能となる。デモンストレーションでは、4本のハイビジョンを同時に流していたが、コマ落ちなどは見られなかった
  • Isilon IQ Accelerator-xを活用したオンライン映像編集の概念図。これまでのハイビジョン映像の編集は、ローカルのディスクに保存してから行っていた。しかし、ストレージと10ギガビットイーサで接続することで、オンラインでの編集が可能になった
 「ITpro EXPO 2008 Autumn」のアイシロン・システムズのブースでは、10ギガビットイーサポートを搭載したストレージアクセラレータ「Isilon IQ Accelerator-x」のデモンストレーションを行っている。

 デモンストレーションでは、仮想化環境とハイビジョン映像のオンライン編集にIsilon IQ Accelerator-xを用いて高速なスループットをアピールしている。

 仮想化技術でのデモンストレーションでは、サーバとストレージを10ギガビットイーサで接続している。これまでサーバとストレージは、4ギガビットのファイバーチャネル、ギガビットイーサによって接続していた。しかし、ストレージの大容量化や仮想化マシンの増大により、サーバとストレージの通信が増え、容量が不足してきた。そこで10ギガビットイーサで接続し容量不足を解消している。

 また、ハイビジョン映像のオンライン編集のデモンストレーションも行われている。デモンストレーションでは、1本で170Mbpsから200Mbpsのハイビジョン映像を4本同時にストリーミングで流していた。1ギガビットイーサの場合、ハイビジョン映像のオンライン編集は不可能で、いったんローカルにファイルをコピーして行っていた。しかし、ストレージが10ギガビットイーサに対応することで、編集作業がオンラインで行えるようになった。
《安達崇徳》

関連ニュース

特集

page top