NXP、ARM968コアベースの125MHzマイクロコントローラシリーズを発表 | RBB TODAY

NXP、ARM968コアベースの125MHzマイクロコントローラシリーズを発表

 オランダNXPセミコンダクターズは現地時間10月2日、新しいマイクロコントローラとなる「LPC292xシリーズ」7モデルを発表した。

エンタープライズ その他
 オランダNXPセミコンダクターズは現地時間10月2日、新しいマイクロコントローラとなる「LPC292xシリーズ」7モデルを発表した。

 LPC292xシリーズは、現在の市場で最速となる125MHzのARM968コアベースのマイクロコントローラ。産業ネットワーク、アラームシステム、電動機制御などのアプリケーションをターゲットとしており、既存のLPC291xシリーズを基盤に構築されている。フルスピードUSB2.0ホスト/OTG(On-The-Go)/デバイス、デュアルCANインターフェイス、2つのLINマスター、16 KB EEPROM、スタンダードシリアルバス、PMWおよびADC(アナログ/デジタルコンバーター)3V×2と5V×1に対応する。さらに768KB(最大)の組込みフラッシュメモリ、48KB RAM 、32KB TCM(Tightly Coupled Memories)×2を搭載する。

 出荷時期は10月から。なお、カリフォルニア州サンノゼで開催される「ARM Developers Conference」(2008年10月7〜9日)において、デモを公開する予定とのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top