漫画家の故石ノ森章太郎氏がギネス世界記録博物館の名誉館長に | RBB TODAY

漫画家の故石ノ森章太郎氏がギネス世界記録博物館の名誉館長に

 漫画家の故石ノ森章太郎氏が、ギネス世界記録博物館の名誉館長に就任した。「最高齢(70歳)のエベレスト登頂」の記録を持つ三浦雄一郎氏に続く2代目の館長となった。

エンタメ その他
石ノ森章太郎イラスト
  • 石ノ森章太郎イラスト
  • 70周年記念ロゴ
 漫画家の故石ノ森章太郎氏が、ギネス世界記録博物館の名誉館長に就任した。

 本日、ギネス世界記録博物館は、“描いたコミックの出版作品数が世界で最も多い”として、ギネス世界記録に認定された石ノ森章太郎氏を、同博物館の名誉館長に任命した。

 石森プロは、同氏の名誉館長就任と、生誕70周年を記念して、さまざまなサービスを展開する。ケータイサイト「検定ジャポン@モバイル」では、石ノ森章太郎氏が残した膨大な作品についての検定を行う「石ノ森萬画検定」がオープン。同サイトでは、検定以外にも、ここでしか読むことができない石ノ森萬画の最新情報や、自分がどのキャラクタータイプなのかわかる性格診断の実施も予定している。
 
 また、「mixiモバイル」のデザインカスタマイズサービス「ミクコレ」には、「サイボーグ009」のデザインが登場。3日より、3種類のデザインの提供を予定している。

 さらに、石森プロ公式ホームページの英語版が開設されたほか、10月4日からは、石ノ森萬画館開館7周年に合わせ、特別企画展「萬画家・石ノ森章太郎マンガからミリオンアート〜さらなる未来へ〜」も開催。どれも偉大な漫画家の70周年記念にふさわしい、充実の内容となっている。
《織本幸介》

関連ニュース

特集

page top