NEC、OpenIDに対応した個人認証基盤ソフト「NC7000-3A-OI(オーアイ)」を発売 | RBB TODAY

NEC、OpenIDに対応した個人認証基盤ソフト「NC7000-3A-OI(オーアイ)」を発売

エンタープライズ その他
「NC7000-3A」の概要
  • 「NC7000-3A」の概要
 日本電気は29日より、ID連携技術である“OpenID”に対応した個人認証基盤ソフトウェア新製品「NC7000-3A-OI(オーアイ)」の販売を開始した。

 「NC7000-3A-OI」は、通信キャリアやISPなどの基盤事業者、SNSやブログ等の公開型コミュニケーションやEC(電子商取引)サイトなどのサービスを提供するサービス提供事業者を対象にした製品となる。ID連携を行うためには、基盤事業者とサービス提供事業者双方が共通のID連携技術を導入する必要があるが、「NC7000-3A-OI」は、ID連携技術にシンプルなOpenIDを採用。そのほか特徴としてはフリーライセンスのライブラリなどを使用する際に、実装状況によっては発生し得るセキュリティの脆弱性をあらかじめ考慮・解決した点があげられるとのこと。

 NECでは、「NC7000-3A-OI」をラインアップに加えたことで、個人認証基盤ソフトウェア群「NC7000-3A」が幅広い用途に対応可能になったとしており、ID連携を用いたサービスを開始したい事業者に、導入費用を抑えたOpenID対応の「NC7000-3A-OI」を提供するとともに、より多彩な属性交換と高いセキュリティを必要とする通信キャリアやISP、銀行向けには、もう1つのID連携技術である“SAML2.0”に対応した「NC7000-3A-ID」を提供していく方針だ。

 「NC7000-3A-OI」の価格は、個別見積もりで、販売目標は今後3年間で合計300システムを計画中だ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top