KDDI研、携帯電話用カメラで動きやジェスチャを認識する「直感コントローラ」開発 | RBB TODAY

KDDI研、携帯電話用カメラで動きやジェスチャを認識する「直感コントローラ」開発

ブロードバンド その他
直感コントローラの応用例
  • 直感コントローラの応用例
 KDDI研究所は25日、携帯電話に搭載されたカメラからの映像を解析することで、携帯電話の動きや周囲の変化をリアルタイムに認識する技術をBREW拡張エンジン「直感コントローラ」として開発したことを発表した。

 従来の携帯電話では、動き認識には加速度センサなどの専用のデバイスが必要とされていたが、あらたに開発されたBREW拡張エンジンは、カメラ入力モジュールと連携し、ジェスチャを高精度に認識するモジュールとして機能するものとなる。そのため、加速度センサの搭載を必要とせず、携帯電話に標準搭載されているカメラだけで利用可能となる。

 カメラワークとしてパン・チルト・ズーム・ローテーションを判別でき、認識された動作の種類や変化量に応じて、任意のキー操作の代替として割り当てることが可能なため、携帯電話そのものの操作だけでなく、搭載アプリの操作や連携などでもさまざまな応用が期待される。

 発表資料では、ケータイを回転させて画像をスクロールさせる「画像一覧ビューアー」、ボタンを押しながらケータイを動かすことで省入力を実現する「文字入力UI」、ケータイを上下左右に動かすことで視点を動かす「3Dモデルビューアー」などが応用例として提示されている。

 本技術は「CEATEC JAPAN 2008」(9月30日〜10月4日@幕張メッセ)で詳細が発表される予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top