HOYA、実売6万円台の初級者向けデジタル一眼レフ「PENTAX K-m」 | RBB TODAY

HOYA、実売6万円台の初級者向けデジタル一眼レフ「PENTAX K-m」

IT・デジタル デジカメ
PENTAX K-m(標準ズームレンズ装着時)
  • PENTAX K-m(標準ズームレンズ装着時)
  • 本体背面
 HOYAは22日、「PENTAX」ブランドのデジタル一眼レフカメラの新製品として、初級者向けの小型軽量モデル「PENTAX K-m」を発表した。価格はオープンで、予想実売価格は65,000円前後。10月下旬発売。

 同製品は、小型軽量ボディに手ブレ補正機構や撮影シーン認識機能などをの便利機能を搭載するほか、操作を手助けしてくれるヘルプ機能などを搭載することで、一眼レフ初心者でも手軽に使用できるように配慮したモデル。撮像素子は有効1,020画素の23.5×15.7mmサイズCCDを搭載する。

 主な機能として、手ブレ補正機構は、手ブレ量に応じて磁力で撮像素子部を水平・垂直方向に高速駆動させることで手ブレを軽減させるという同社独自の「SR(Shake Reduction)」を採用。シャッタースピード換算で最高4段分に相当する補正効果が得られるとしている。また、「オート感度設定」機能を備えるため、暗い場所でも速いシャッタースピードで撮影可能。オート感度設定は最大ISO3200まで対応する。そのほか、被写体や状況に合わせて自動で設定を行う「オートピクチャーモード」や、撮像素子表面へのゴミの付着を防止するゴミ除去機構「DR(Dust Removal)」などの機能を装備する。

 そのほか、仕様詳細は以下のとおり。

●PENTAX K-m
・撮像素子:23.5×15.7mmサイズCCD
・画素数:有効1,020万画素
・感度:AUTO/ISO100〜3200
・AF測距点数:5点(SAFOX VIII、全てクロスタイプ)
・シャッタースピード:1/4000〜30秒
・連続撮影:最高3.5コマ/秒
・ディスプレイ:2.7型液晶
・記録メディア:SD(SDHC)メモリーカード
・電源:単3形電池×4
・本体サイズ:幅122.5×高さ91.5×奥行き67.5mm
・重さ:約525g(本体のみ)

 なお、同製品と専用ズームレンズをセットにしたレンズキット2製品もあわせて発売。予想実売価格は、標準ズームレンズ「smc PENTAX-DA L 18-55mmF3.5-5.6AL」とのセットが70,000円で、標準ズームレンズおよび望遠ズームレンズ「smc PENTAX-DA L 50-200mmF4-5.6ED」の2製品をセットにしたモデルは80,000円。
《花》

関連ニュース

特集

page top