クレイ、350万円のスパコン——Windows HPC Server 2008とXeonを搭載した「Cray CX1」 | RBB TODAY

クレイ、350万円のスパコン——Windows HPC Server 2008とXeonを搭載した「Cray CX1」

 クレイ・ジャパンは17日、Windows HPC Server 2008とIntel Xeonプロセッサを搭載したパーソナル・スーパーコンピュータ「Cray CX1」を発表した。

エンタープライズ その他
Cray CX1
  • Cray CX1
  • Cray CX1
  • 背面パネル
  • 正面パネル
  • 設置風景
 クレイ・ジャパンは17日、Windows HPC Server 2008とIntel Xeonプロセッサを搭載したパーソナル・スーパーコンピュータ「Cray CX1」を発表した。価格は、クアッドコアXeon×8、32GBメモリ、120GB SATA HDD×4、3年保証付きという構成で350万円から。

 Cray CX1は、金融サービス、航空宇宙、自動車、石油、生命科学、官公庁、教育機関、デジタルメディアといった広範囲な市場向けの小型スーパーコンピュータ。同社初となるインテル製プロセッサを採用した製品だ。最大8つのノードと16基のインテルXeonプロセッサ、1ノードあたり最大64GBのメモリを搭載でき、最大4TBのストレージを内蔵する。また、OSはWindows HPC Server 2008にくわえ、Linuxでの運用にも対応する。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top