東京国際映画祭の最後を飾るのはニモ監督による「ウォーリー」 | RBB TODAY

東京国際映画祭の最後を飾るのはニモ監督による「ウォーリー」

 第21回東京国際映画祭のクロージング作品が、アンドリュー・スタントン監督のアニメーション映画「ウォーリー」に決定した。10月26日に上映される。

エンタメ その他
ウォーリー
  • ウォーリー
 第21回東京国際映画祭のクロージング作品が、アンドリュー・スタントン監督のアニメーション映画「ウォーリー」に決定した。10月26日に上映される。

 「ウォーリー」は、第16回東京国際映画祭でもクロージングを飾った「ファインディング・ニモ」のアンドリュー・スタントン監督が、壮大なスケールで贈る感動の冒険ファンタジー。国内では12月公開予定のこの作品が、一足先にお目見えとなる。チケット購入方法や上映スケジュールの詳細は、9月下旬頃に映画祭ホームページに掲載される予定だ。

◆ストーリー

 主人公は、人間たちが見捨てた地球で700年もの間、たったひとりで働き続けたごみ処理ロボットの「ウォーリー」。ある日、ひとりぼっちのウォーリーの前に、ピカピカのロボット「イヴ」が現れて……。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top