東工大とNTT、情報通信分野における技術革新と人材育成を目的とした連携協力協定を締結 | RBB TODAY

東工大とNTT、情報通信分野における技術革新と人材育成を目的とした連携協力協定を締結

 東京工業大学とNTTは10日、光デバイス分野や環境エネルギー分野などの情報通信分野において、連携協力協定を締結した。

ブロードバンド その他
 東京工業大学とNTTは10日、技術・人材・設備といった両者の研究開発リソースの効果的・効率的な活用を通じて、光デバイス分野や環境エネルギー分野などの情報通信分野において、世界をリードする技術を持続的に創出すること、および国際的リーダーシップを発揮できる若手人材を育成することを目的として、連携協力協定を締結した。

 同協定では、両者の産学連携責任者、研究代表者等からなる「連携協議会」が連携の推進を担当し、「連携協議会」での議論を通して、取り組む研究・開発・人材育成等に対する認識を共有し、広範な領域に渡る創造的な連携関係を構築する。両者の研究の担当者は、新規テーマを発掘、検討して研究プロジェクトを協力して立ち上げ、定期的に開催される連携協議会において、各研究プロジェクトの目標とスケジュールが承認され、進捗状況が確認される。

 また、政府が掲げるIT新改革戦略の根幹を成す情報通信分野、特に光デバイス、環境エネルギーの分野を中心に、共同研究等を推進し、IT新改革戦略の具現化に寄与する技術の確立を図るとしている。さらに、大学院生・ポスドク等が共同研究・インターンシップに参加する機会を提供するとともに、東京工業大学とNTTの幅広い分野の研究者による技術交流など、それぞれの強みを活かす相互補完的な教育・人材育成活動にも積極的に取組んでいくことも明らかにされた。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top