臓器移植の映像も〜京都大学がYouTubeへ授業など学術映像を提供 | RBB TODAY

臓器移植の映像も〜京都大学がYouTubeへ授業など学術映像を提供

エンタメ その他
 YouTubeと京都大学がコンテンツパートナーシップを締結。YouTubeに京都大学の授業映像などが提供されることになった。YouTubeで日本の国公立大学が授業を公開するのは初となる。

 京都大学は2005年から大学のホームページなどを通じて、「オープンコースウエア」と銘打って授業映像などを提供してきた。今回のパートナーシップで同様の映像をYouTubeにも公開することになったもので、京都大学が持つ“知の資産”がYouTubeを通じて全世界に提供されることになる。

 本日より公開されている199の授業の中には、九後太一京大教授が解説するノーベル物理学賞を受賞した湯川秀樹博士の研究、いちごの収穫ロボットの実験の様子、地震のシュミレーションなどのほか、医学部の授業の一つである臓器移植の手術の模様が医学部教授の解説つきで公開されるなど、関係者や学生はもちろん、一般のインターネットユーザーにとっても、普段見ることのできない学術映像が取り揃えられている。

 YouTubeでは、「日本を代表する大学のひとつである京都大学が、YouTubeを通じて、その知の資産を世界に公開することにより、日本と世界の知的交流のお役に立てることを、YouTubeは大変光栄に思っています」とコメントしている。

 なおこのコンテンツは携帯電話でも見ることができる(現在はNTTドコモの端末のみ対応)。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top