Google AdWordsがコンビニ支払いに対応〜広告費をコンビニで | RBB TODAY

Google AdWordsがコンビニ支払いに対応〜広告費をコンビニで

ブロードバンド その他

 グーグルは29日、Google AdWordsの広告配信費が全国のコンビニエンスストアとATMで支払い可能となったことを発表した。

 Google AdWordsは、グーグルが提供する広告配信システム。基本的には、キーワードの検索結果ページやグーグルの広告枠を掲載しているウェブページに、広告を表示するようになっており、広告をユーザがクリックした際に広告費が課金される。キーワード単位の出広でのクリック課金のため、少額からの広告配信も可能で、大企業だけでなく中小規模企業や個人でも広告主として利用可能な広告配信システムとなっている。

 グーグルでは、Google AdWordsの支払い方法として、クレジットカード、銀行振込に対応していたが、今回それらに加えて、新しく「コンビニエンスストアの窓口」「Pay-easy(ペイジー)対応のATMおよびネットバンキング」など、さまざまな金融機関での支払いが可能なオプションを追加した。対応コンビニチェーンは、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス、ミニストップ、ヤマザキデイリーストア、対応ATMは、三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、ゆうちょ銀行、千葉銀行のペイジーマークのあるATM、そして全国1200以上のネットバンク、モバイルバンクとなる。

 Google AdWordsの広告主は、これら全国のコンビニエンスストア、金融機関で支払いのあと、即座に入金処理され、広告掲載が開始される。なおこの支払い方法は、ウェルネットの決済サービスが利用されているとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top