Windows Live Messengerでニコニコ動画を楽しむ「ニコニコメッセ」 | RBB TODAY

Windows Live Messengerでニコニコ動画を楽しむ「ニコニコメッセ」

ブロードバンド その他
 ニワンゴとマイクロソフトは3日、ニコニコ動画とWindows Live Messengerを組み合わせた「ニコニコメッセ」と「ニコニコアラート」の提供を開始したと発表した。
  •  ニワンゴとマイクロソフトは3日、ニコニコ動画とWindows Live Messengerを組み合わせた「ニコニコメッセ」と「ニコニコアラート」の提供を開始したと発表した。
  •  ニワンゴとマイクロソフトは3日、ニコニコ動画とWindows Live Messengerを組み合わせた「ニコニコメッセ」と「ニコニコアラート」の提供を開始したと発表した。
  •  ニワンゴとマイクロソフトは3日、ニコニコ動画とWindows Live Messengerを組み合わせた「ニコニコメッセ」と「ニコニコアラート」の提供を開始したと発表した。
  •  ニワンゴとマイクロソフトは3日、ニコニコ動画とWindows Live Messengerを組み合わせた「ニコニコメッセ」と「ニコニコアラート」の提供を開始したと発表した。
  •  ニワンゴとマイクロソフトは3日、ニコニコ動画とWindows Live Messengerを組み合わせた「ニコニコメッセ」と「ニコニコアラート」の提供を開始したと発表した。
  •  ニワンゴとマイクロソフトは3日、ニコニコ動画とWindows Live Messengerを組み合わせた「ニコニコメッセ」と「ニコニコアラート」の提供を開始したと発表した。
  •  ニワンゴとマイクロソフトは3日、ニコニコ動画とWindows Live Messengerを組み合わせた「ニコニコメッセ」と「ニコニコアラート」の提供を開始したと発表した。
 ニワンゴとマイクロソフトは3日、ニコニコ動画とWindows Live Messengerを組み合わせた「ニコニコメッセ」と「ニコニコアラート」の提供を開始したと発表した。

 ニコニコメッセは、ニコニコ動画に設置した「メッセする」のリンクをクリックすることで、Windows Live Messenger上で2人で同時に動画が楽しめるサービス。Windows Live Messengerにコメントを書き込むと、ニコニコ動画と同様に動画に文字が流れる。この文字は、Windows Live Messengerで共有したユーザのみに見え、ニコニコ動画には投稿されない。招待された側は、ニコニコ動画のIDがなくても動画が楽しめるのが特徴だ。

 ニコニコアラートは、Windows Live Alertsを用いてニコニコ動画の最新情報を配信するサービス。ランキング、生放送、ニコニコニュース、新着の公式動画など8種類の情報を用意する。これらの情報は、Hotmailでメールを受信した時のようにWindows Live Messengerでポップアップで表示する。

 そのほかに、Windows Live Messengerで使えるニコニコ動画に関するアイコンやウィンクがダウンロードできる「ニコニコメッセ絵文字」も提供する。

 今回の協業について、マイクロソフトの執行役常務コンシューマー&オンライン事業部コンシューマー&オンラインマーケティング統括本部長である笹本裕氏は、「Windows Live Messengerのユーザは、ほかのサイトよりもニコニコ動画を2倍使っている」との調査結果を示したうえで「親和性が高い」とのメリットを説明した。

 この2つのサービスは、Windows LiveをAPIで公開したことによって実現。開発はこのAPIを利用し、ニワンゴ側がわずか1か月で完了した。

 ニワンゴの親会社であるドワンゴの常勤顧問の夏野剛氏はニコニコ動画について、「動画を共有するといういうよりは、それ以上に感想や意見、コメントを共有するということに価値がある。いずれはグローバルに展開していきたい。ニコニコ動画とWindows Live Messengerの親和性は本当に高くて、新しい世界を提供できると確信している」と期待する。

 夏野氏は、ニコニコ動画において「世界展開」「一般化」「黒字化」の3つを目指すことを掲げている。今回の協業は「“一般化”を果たすための強力なツール」とする。ニコニコ動画にアップロードをした動画を見てもらうためには、IDを取得する必要がある。しかし、ニコニコメッセではIDは不要だ。「Windows Live Messengerの強みは、最初からPCに入っていること」とするようにメッセンジャーを使うハードルは低い。ニコニコ動画を使ったことがないユーザが、ニコニコメッセを使うことでニコニコ動画を体験し、それが登録につながることを期待する。ニコニコ動画の黒字化担当とする夏野氏だが、今回の協業は「お金の動きはない。とにかくユーザ数を増やす」というのが目的だ。また、「次のステージでは国際化」との発言もあった。

 このサービスは、ニワンゴの取締役である西村博之氏がきっかけで開発された。西村氏はWindows Live Messengerのヘビーユーザで、マイクロソフトからインタビューをされた時の発言がそれだ。西村氏は、「思いつきでしゃべっただけなので、プロジェクトが進んでいるとは思っていなかった。ニコニコメッセで動画を一緒に見た方が感想が伝わる。予想していたものは完全にできる」と喜びを表した。

 今回の協業の発表だが、ニコニコ動画にて生中継された。9,908人もの接続があり、質問も受け付けた。「Windows 98でも動きますか?」「何人まで同時接続ができますか」との質問に、「推奨スペックはWindows 2000ではWindows Live Messenger 8.1以上、Windows 2000とMeでは7.1以上、Windows 98では動きません」「1対1のみです」と答えた。

 中には、「友達がいないのですが」「何歳ですか?」などという質問も飛び出し、夏野氏が「こちらで解決できないので自分で解決してください」「プライベートなことにはお答えできません」と軽快に返していた。
《安達崇徳》

関連ニュース

特集

page top