オリンパス、叩いて操作できる耐水&防塵のタフデジカメ | RBB TODAY

オリンパス、叩いて操作できる耐水&防塵のタフデジカメ

IT・デジタル デジカメ

μ 1050SW(ショック&ウォータープルーフ)」シリーズ
  • μ 1050SW(ショック&ウォータープルーフ)」シリーズ
  • シルバーモデル正面
  • シルバーモデル背面
 オリンパスイメージングは26日、叩いて操作する「トン♪トン♪操作」機能を搭載したコンパクトデジタルカメラ「μ 1050SW(ショック&ウォータープルーフ)」シリーズを発表した。カラーバリエーションで4モデルが発表されており、ピンク以外の3色は9月上旬発売。ピンクのみ9月下旬発売。価格はオープンで、予想実売価格は40,000円前後。

 同製品は、スキー場などのように手袋をしている場面など、ボタン操作をしにくいシーンでの使用を想定し、トントンと叩くだけで撮影など撮影や再生が行なえる。「タップコントロール」と呼ばれるこの機能は、3軸加速度センサーと同社のオリジナル技術を内蔵することで実現。本体を正面や左右からタップしたり、傾けたりすることで直感的に操作ができる。同機能は、カメラの設定を「スノーモード」にすることで使用可能。撮影、再生だけでなく、フラッシュや顔認識機能の設定など各種機能の設定にも使用できる。
 
 タップ操作を行なう際の衝撃にも配慮されており、1.5m耐衝撃構造を採用。また、水深3mまで耐えられるJIS/IEC 保護等級8級(IP8X)相当の防水設計、JIS/IEC 保護等級6級(IP6X)相当の防塵設計、-10度の環境下での使用も可能な耐温度設計と、さまざまなシーンでの使用を想定したタフな設計となっている。これにより、水中での撮影や、泥まみれなど汚れた手での撮影、真冬の屋外での撮影などレジャーシーンでの使用に対応。汚れた際の丸洗いもできる。
 
 撮影機能として、顔検出AFを搭載。最大16人までの人物の顔を検出してピントを合わせられる。被写体の動きに合わせて追従することも可能。「顔検出パーフェクトショット」を使えば、ピントだけでなく、露出も自動制御してくれる。
 
 そのほか、画像を最大3枚までカメラ側で合成できるカメラ内パノラマ合成機能や、4段階の露出補正を撮影前に撮影イメージを見ながら比較して設定できる比較ウィンドウ機能などを搭載する。
 
 有効1010万画素の1/2.33型CCDを搭載。ズーム性能は光学3倍、デジタル5倍(合わせて最大15倍)。焦点距離は6.7〜20.1mm(35mm換算で38〜114mm)。撮影範囲は通常で0.5m〜、マクロで0.2m〜、スーパーマクロで0.07〜0.5m(スーパーマクロ時はフラッシュ使用不可、ズーム位置固定)。開放F値はF3.5〜F5.0。ISO感度は80〜1600。
 
 本体背面の液晶は2.7型で、屋外での使用を想定して、広視野角、高コントラスト比のハイパークリスタルII液晶を採用している。
 
 静止画の記録形式はJPEG(DCF準拠/DPOF対応/Exif2.2/PRINT Image Matching III)、最大3,648×2,736ピクセルでの撮影に対応。動画の記録方式はAVI Motion JPEG、最大640×480ピクセル(VGA)で30fpsでの撮影に対応する。内蔵メモリは41.6MBで、対応記録メディアはmicroSD/microSDHCカード/xDピクチャーカード。PictBridgeに対応する。連続撮影可能枚数は約200枚(CIPA規格)。
 
 本体サイズは幅93×高さ62×奥行き22.6mm、重さは152g(バッテリー、カードメディア含まず)。カラーバリエーションは、シルバー/ゴールド/ピンク/ブルーの4色。
《小林聖》

関連ニュース

特集

page top