KCCS、多様な認証方式に対応したリモートアクセス端末認証・検疫サービス「CAREN」 | RBB TODAY

KCCS、多様な認証方式に対応したリモートアクセス端末認証・検疫サービス「CAREN」

ブロードバンド その他
 京セラコミュニケーションシステムは、リモートアクセス端末認証・検疫サービス「CAREN(Controlled Access to Remote Enterprise Networks)」を9月1日より提供する。月額利用料金は50IDで10万5,000円から、1,000IDで78万7,500円から。

 CARENは、インターネットなどの社外ネットワークから社内イントラネットへとアクセスする際に、事前に許可されたPC端末かどうかをMACアドレスやUUIDといった端末情報を元に端末認証できるサービス。ユーザーやグループ単位で固定ID/パスワード認証やワンタイムパスワード認証を柔軟に組み合わせて利用形態に合わせた適切な認証ができるほか、Windowsセキュリティパッチやアンチウイルスソフトウェアが適用されていない端末からのアクセスを許可しないなどセキュリティポリシーに準じた検疫が可能だ。また、認証・検疫・接続履歴を分析したリポートが作成できるので、利用状況の把握やセキュリティポリシーに合致しないPC端末の検出なども可能だ。

 同社では、年間3億円の販売目標を立てている。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top