オリンパス、コンパクトデジカメ「CAMEDIA FE」シリーズに2モデル | RBB TODAY

オリンパス、コンパクトデジカメ「CAMEDIA FE」シリーズに2モデル

 オリンパスイメージングは19日、コンパクトデジタルカメラ「CAMEDIA FE」シリーズの2モデル「FE-370」「FE-360」を発表。8月28日より販売する。価格はオープンで、予想実売価格は、FE-370が30,000円前後、FE-370は20,000円台前半。

IT・デジタル デジカメ
FE-370シルバー
  • FE-370シルバー
  • FE-370ブルー
  • FE-370ピンク
  • FE-360
 オリンパスイメージングは19日、コンパクトデジタルカメラ「CAMEDIA FE」シリーズの2モデル「FE-370」「FE-360」を発表。8月28日より販売する。価格はオープンで、予想実売価格は、FE-370が30,000円前後、FE-370は20,000円台前半。

 FE(フレンドリー&イージー)シリーズは、撮る/見る/消すなどの基本操作を1ボタン1機能に設定したシンプル設計。撮影モードや各機能の選択時に簡単な説明を液晶ディスプレイに表示するガイド機能を搭載し、誰でも安心して使える簡単操作に配慮したデジタルカメラとなる。

 FE-370は、800万画素CCDと光学5倍ズームレンズを搭載。CCDシフト式手ぶれ補正機能と高感度撮影により、手ぶれと被写体ぶれをダブルで軽減した撮影が可能となっている。被写体に最適なシーンモードを自動で判別して撮影する「おまかせ♪iAUTO」を装備している。

 FE-360は、800万画素CCDと光学3倍ズームレンズを搭載。ヘアライン仕上げの高級感のあるスタイリッシュなデザインと軽量な本体が大きな特徴。最大3人の顔をカメラが検出し、顔に合わせて露出とピントを調整する「顔検出機能」を装備。「比較ウインドウ」機能では、シャッターボタンを押す前に撮影イメージを4画面で確認できるためる。

 両製品の共通仕様としては、明るい場所でも被写体を確認しやすい「LCDブーストボタン」を装備。夜景&人物/スポーツ/屋内/夕日/料理など、FE-370は全15種類、FE-360は全16種類のシーンモードを用意、シーンに適した簡単撮影が可能となっている。また、MicroSDでの記録・再生を可能にするMicro SDアタッチメント「MASD-1」を同梱する。

 おもな仕様は以下のとおり。

●FE-370
撮像素子:1/2.35型CCD
レンズ:36mm〜180mm/F3.5(W)〜F5.6(T)
内蔵メモリ:48MB
記録メディア:xD-ピクチャーカード(別売)
バッテリ:リチウムイオン充電池
本体サイズ:幅94.7×高さ56.7×奥行き25.3mm
重さ:128g
カラー:シルバー/ブルー/ピンク

●FE-360
撮像素子:1/2.35型CCD
レンズ:36mm〜108mm/F3.1(W)〜F5.9(T)
内蔵メモリ:20.5MB
記録メディア:xD-ピクチャーカード(別売)
バッテリ:リチウムイオン充電池
本体サイズ:幅93.9×高さ55.6×奥行き20.3mm
重さ:104g
《近藤》

関連ニュース

特集

page top