ソニー、PCを使わずデジタルハイビジョンカメラやメモリカードから直接ダビングできるDVDライター | RBB TODAY

ソニー、PCを使わずデジタルハイビジョンカメラやメモリカードから直接ダビングできるDVDライター

IT・デジタル レコーダー

VRD-MC10
  • VRD-MC10
  • 利用イメージ
 ソニーは18日、ハンディカムなどデジタルハイビジョンカメラで撮影した映像を、PCを使わず12cmDVDディスクにダビングできるDVDライター「VRD-MC10」を発表。10月10日に発売する。価格はオープンで、予想実売価格は45,000円前後。

 同製品は、PCを使わずにUSBケーブルで、デジタルハイビジョンカメラと本体を直接接続可能。撮影映像をハイビジョン画質またはSD(スタンダード)画質のままDVDディスクへダビングできる。

 さらにメモリカードスロットを搭載。メモリースティック デュオ/メモリースティック/SDメモリーカード/xD-ピクチャーカード/コンパクトフラッシュに記録された動画/静止画を、DVDディスクにダビングすることもできる。

 また、HDMI/コンポーネント端子に対応しており、ハイビジョンテレビに接続すれば、ダビングしたDVDディスクをハイビジョン画質のままテレビで楽しめる。ほかにも、ダビングしたDVDディスクは、Blu-ray Discレコーダーやプレイステーション3などのAVCHD再生対応機器で再生することも可能だ。

 2.7型の液晶ディスプレイを搭載しており、ディスプレイ上で操作を確認しながら手軽にダビングが行えるほか、再生用リモコンを付属。インターフェースは、USB(「ハンディカム」専用)/DV入力/S映像入力/コンポジット映像/音声/HDMI出力/コンポーネント映像出力。本体サイズは、幅198×高さ75×奥行き230mm、重さは1,750g。
《近藤》

関連ニュース

特集

page top