ソニー、ビデオカメラと直結するDVDライター——PCなしでDVDに映像を記録 | RBB TODAY

ソニー、ビデオカメラと直結するDVDライター——PCなしでDVDに映像を記録

IT・デジタル デジカメ
 ソニーは29日、ビデオカメラで撮影した映像をDVDにダビングできるDVDライター「VRD-MC5」を発表。8月10日発売。価格はオープンで、予想実売価格は30,000円前後。
  •  ソニーは29日、ビデオカメラで撮影した映像をDVDにダビングできるDVDライター「VRD-MC5」を発表。8月10日発売。価格はオープンで、予想実売価格は30,000円前後。
  •  ソニーは29日、ビデオカメラで撮影した映像をDVDにダビングできるDVDライター「VRD-MC5」を発表。8月10日発売。価格はオープンで、予想実売価格は30,000円前後。
 ソニーは29日、ビデオカメラで撮影した映像をDVDにダビングできるDVDライター「VRD-MC5」を発表。8月10日発売。価格はオープンで、予想実売価格は30,000円前後。

 VRD-MC5は、ビデオカメラとダイレクトに接続するため、PCを介さずに12cmDVDへのダビングが可能。同社「ハンディカム」シリーズの「HDR-CX7」などは、付属のハンディカムステーションにセットして、VRD-MC5とUSBケーブルで接続。ハンディカムステーションのワンタッチディスクボタン、もしくはVRD-MC5本体の録画ボタンを押すだけでハイビジョン映像をDVDにダビングできる。

 SD画質のHDD/DVDハンディカムにも対応。DVDハンディカムの場合、3枚の8cmDVDを1枚の12cmDVDにダビングができる。さらに、DV入力端子とアナログ入力端子も搭載する。そのため、DV規格に準拠する他社製のDVビデオカメラレコーダーや、8mmビデオカメラとの接続も可能だ。

 そのほか、メモリーカードスロットを搭載するため、デジタルカメラで撮影した静止画もDVDにダビングできる。対応メディアは、SDHCメモリーカード/SDメモリーカード/メモリースティックPRO-HG デュオ/コンパクトフラッシュなど。

 2.5型液晶ディスプレイを搭載し、画面上でカメラに保存された映像を選択できるダビング機能を備える。本体サイズ幅193×高さ65×奥行き222.5mm。重さは1,500g。
《》

特集

page top