シトリックス、XenAppへの最適化とストレージ製品との連携を強化した「Citrix XenServer 4.1」 | RBB TODAY

シトリックス、XenAppへの最適化とストレージ製品との連携を強化した「Citrix XenServer 4.1」

エンタープライズ その他

 シトリックス・システムズ・ジャパンは23日、サーバ仮想化プラットフォーム「Citrix XenServer 4.1」、および新エディション「Citrix XenServer Platinum Edition」を発表した。最小構成価格はPlatinum Editionが85万円、Enterprise Editionが51万円、Standard Editionが15万3,000円(いずれも税別)。7月末より受注を受け付ける。

 Citrix XenServer 4.1は、プレゼンテーション仮想化製品「Citrix XenApp」への最適化を行ったことで、XenServer上でXenAppを稼動する際のスケーラビリティを向上させ、従来は40〜60%発生していたオーバーヘッドをおよそ8%にまで抑えている。また、ストレージ製品との連携を強化してXenServerの管理コンソール「XenCenter」から直接ストレージアレイを管理可能としたほか、NetApp Data ONTAP OSに対応し、豊富なNetAppの機能を直接利用できる。さらに、今バージョンより追加されたCitrix XenServer Platinum Editionでは、仮想と物理の両サーバーに対してワークロードのプロビジョニングができる機能が統合されている。仮想と物理の両サーバーをダイナミックにプロビジョニングできるので、企業のデータセンター内の全てのサーバーの展開、運用、管理が効率的に行える。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top