ドコモ、音声/パケット通信・テレビ電話に対応した車載FOMA通信モジュール | RBB TODAY

ドコモ、音声/パケット通信・テレビ電話に対応した車載FOMA通信モジュール

エンタープライズ モバイルBIZ

外観図
  • 外観図
  • 利用イメージ
 NTTドコモグループ9社は10日、自動車やナビゲーションシステムなどに組み込んで利用できる通信モジュール「FOMAテレマティクスモジュール」を発表した。発売は2009年2月の予定だ。

 FOMAテレマティクスモジュールは、音声通話、上り64kbps/下り384kbpsのパケット通信、テレビ電話に対応する通信モジュールで、マルチアクセスを利用した緊急通報、交通情報などにおける通信、カーナビにおける車内ハンズフリー通話、および重機監視や運行管理などにおける通信などが主な用途として想定されている。送受信周波数帯域は800MHz/2GHzで、FOMAプラスエリアに対応する。

 仕様は、サイズが52.0×60.0×8.6mm、重量は約29g。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top