三洋、フルHD対応ビデオカメラ「XACTi」の新モデル——秒300コマの高速度撮影機能も | RBB TODAY

三洋、フルHD対応ビデオカメラ「XACTi」の新モデル——秒300コマの高速度撮影機能も

 三洋電機は5日、デジタルビデオカメラ「XACTi(ザクティ)」シリーズにフルHD対応の新モデル「DMX-HD1010」を追加すると発表した。記録メディアはSD(SDHC)メモリーカード(最大32GB)。価格はオープンで、予想実売価格は120,000円。6月20日発売。

IT・デジタル デジカメ
DMX-HD1010(左からダークシルバー/ブラック)
  • DMX-HD1010(左からダークシルバー/ブラック)
 三洋電機は5日、デジタルビデオカメラ「XACTi(ザクティ)」シリーズにフルHD対応の新モデル「DMX-HD1010」を追加すると発表した。記録メディアはSD(SDHC)メモリーカード(最大32GB)。カラーはダークシルバー/ブラックの2色を用意。価格はオープンで、予想実売価格は120,000円。6月20日発売。

 同製品は、「一台でムービーと写真が撮れるハイブリッドカメラ」として2007年9月に発売された「DMX-HD1000」の後継機種となるフルHD対応デジタルビデオカメラ。フルHD対応の画像処理エンジン「プラチナΣ(シグマ)」を搭載し、解像度1,920×1,080ピクセルでの動画撮影に対応。4GBのSDHCメモリーカードに約37分のフルHD画像を録画できる。

 DMX-HD1000からの改良点として、フルHD撮影の最高ビットレートを12Mbpsから14Mbpsに向上させたほか、動画撮影時の顔検出(最大12人まで)&追尾機能を搭載。また、秒300コマの高速度撮影機能「スローモーションムービー」や、撮影した動画を日付別に保存・管理できる「日付別振り分け」などの機能を採用する。

 静止画撮影機能として、明暗の広い写真が撮れる「ワイドダイナミックレンジ」モードや、手ぶれや被写体ぶれを補正できる「マルチぶれキャンセラー」を搭載。そのほか、7コマ/秒の高速連写、動画と静止画の同時撮影機能などを装備。ISO3,200の高感度撮影に対応する。

 また、HDMI/D4/S映像端子などを搭載したドッキングステーションを同梱しており、テレビなどへの出力に対応。また、市販の外付け型HDDとUSB接続することで、撮影した動画/静止画データの保存に対応する。

 撮像素子は1/2.5型CMOSセンサー。有効画素数は動画356万画素(HD)/静止画400万画素。ディスプレイは2.7型ワイド液晶。バッテリーはリチウムイオン電池で、フル充電時の撮影能力は動画125分/静止画370枚。本体サイズは幅90×高さ112.6×奥行き54.5mm。重さは311g(バッテリーなど含む)。
《花》

関連ニュース

特集

page top