ビクター、地上デジタル放送3波対応チューナー搭載の3 in 1レコーダー | RBB TODAY

ビクター、地上デジタル放送3波対応チューナー搭載の3 in 1レコーダー

IT・デジタル レコーダー

DR-HX500
  • DR-HX500
 日本ビクターは4日、3波/HD対応の地上デジタル放送チューナーを内蔵するVHS/HDD/DVDレコーダー「DR-HX500/HX250」を発表。7月上旬に発売する。価格はオープンで、予想実売価格はHDD容量500GBモデルの DR-HX500が95,000円前後、250GBモデルの DR-HX250が75,000円前後。

 同製品は、地上/BS/110度CSデジタルハイビジョンチューナーを搭載する3 in 1モデルのレコーダー。デジタルハイビジョンの高精細映像をそのままのクオリティーで簡単にHDDに録画でき、VHSも楽しめる。DVD は、DVD-RW/-R の録画/再生やDVD-RAMの再生など、多彩なメディアに対応。アナログ放送はDVD へ直接録画できる。VHS は、テープ録画/再生のほか、HDDやDVDに録画した番組のダビングもできる。

 通常リモコンのほか、「録る」「見る」の基本操作にこだわり、使いやすい大型ボタン採用した簡単リモコンを付属。「録る」ボタンを押すと電子番組表が表示され、録りたい番組を選ぶだけで簡単に録画予約が可能。「見る」ボタンを押すと録画した番組が一覧表示され、見たい番組を選ぶだけですぐに視聴が楽しめる。

 HDMI CEC(Consumer Electronics Control)に準拠したリンク機能を持つTV とHDMI ケーブルで接続することで連動操作が可能。本機リモコンを操作するだけでTV の入力が自動的に切り換わる。

 HDD最長録画時間は、SLPモードで851時間(500GBモデル)。インターフェースはHDMI/D端子/S映像/DV端子など。本体サイズは幅435××高さ99.5×奥行き394mm。重さは6.6kg。

 なお、デジタル放送録画の新ルール「ダビング10」は、放送開始にあわせて本体ソフトウェアのアップデートで対応する予定。
《近藤》

関連ニュース

特集

page top