JPCERT/CC、28日発表のAdobe Flash Playerの脆弱性は4月8日リリースのバージョンで修正済み | RBB TODAY

JPCERT/CC、28日発表のAdobe Flash Playerの脆弱性は4月8日リリースのバージョンで修正済み

エンタープライズ その他

 JPCERTコーディネーションセンターは29日、28日に発表したAdobe Flash Playerの未修正の脆弱性について、すでに脆弱性を修正したバージョンがリリースされているとの更新情報を発表した。

 28日の発表によると、Adobe Flash Playerには第三者が任意のコードを実行できる未修正の脆弱性があり、その脆弱性を使用した攻撃がすでに発生しているとのことだった。しかし、その後の調査で同脆弱性は4月8日にリリースされたFlash Player 9.0.124.0ですでに修正されていることが判明した。これにより、同脆弱性で影響を受ける製品はFlash Player 9.0.115.0、およびそれ以前、またはFlash Player 8.0.39.0、およびそれ以前となった。

 JPCERTコーディネーションセンターでは、同脆弱性への対策としてAdobe Flash Playerを最新のバージョンに更新することを呼びかけている。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top