米Microsoft、Windows Live@eduのメールボックスを最大10GB、添付ファイルを20MBに強化 | RBB TODAY

米Microsoft、Windows Live@eduのメールボックスを最大10GB、添付ファイルを20MBに強化

ブロードバンド その他

 米・Microsoftは27日(現地時間)、Windows Liveの各種サービスを学校独自ドメインで無償利用できる「Windows Live@edu」において、学生や卒業生向けのコミュニケーション機能「Microsoft Exchange Labs」を追加すると発表した。

 Windows Live@eduは、2005年3月に提供が開始され、現在までに日本、南アフリカ、ブラジル、アメリカなどを含む86カ国で展開されているサービス。Microsoft Exchange Labsでは、信頼性やセキュリティに優れた最大10GB容量のメールボックスと20MBまでの添付ファイルが利用できる企業レベルのeメール機能が提供されるほか、IT管理者にとっては実装が簡略化できるのが特徴だ。メールボックスにはOutlook Web AccessとMicrosoft Office Outlook、携帯電話のいずれからもアクセスできる。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top