ソニー、有機ガラス管を振動させるユニークな360度スピーカーシステム | RBB TODAY

ソニー、有機ガラス管を振動させるユニークな360度スピーカーシステム

IT・デジタル その他

NSA-PF1
  • NSA-PF1
  • 3色のイルミネーションライトを装備(左からブルー/アンバー/パープル)
  • 設置例
 ソニーは28日、有機ガラス管を振動させて360度方向へ音楽を再生するスピーカーシステム「Sountina(サウンティーナ)」(NSA-PF1)を発表した。価格は1,050,000円で、6月20日発売。

 同製品は、長さ約1mの透明な有機ガラス管をスピーカー振動板として採用した円筒形のバスレフ型3ウェイアクティブスピーカー。管の下端に配した複数の加振器をそれぞれ独立して駆動させる新開発の「バーティカルドライブテクノロジー」を搭載しており、管全体をツイーターとして振動させることで、再生音を360度方向へ広げる仕様。管全体をすみずみまで振動させるため、音の立ち上がりが速く、質感描写にすぐれた澄んだ響きを再生するという。また、ガラス管内にはブルー/アンバー/パープルの3色のイルミネーションライトを装備しており、好みやインテリアにあわせて色の切り替えや明るさを調節することができる。

 ガラス管下端のアルミ円筒部に7cm径ミッドレンジおよび13cmウーハーを搭載。再生周波数帯域は50Hz〜20kHz。入力端子は光/同軸デジタル音声、リニアPCM2ch、アナログ音声を装備。本体サイズは幅325×高さ1,845×奥行き325mmで、重さは12.5kg。イルミネーションの調節も可能なリモコンが付属する。
《花》

関連ニュース

特集

page top