Def Tech解散から8カ月、Microが独り立ちを決意した新曲「踊れ」 | RBB TODAY

Def Tech解散から8カ月、Microが独り立ちを決意した新曲「踊れ」

エンタメ その他

 Yahoo!ミュージックのサウンドステーションでは、Microと安藤裕子のチャンネルが登場。両アーティストの楽曲をシャッフルで聴くことができる。

 「All Time Micro」では、Microが歌う、ドラマ「おせん」の主題歌「踊れ」を配信中。また、2007年に発表した、ソロ初アルバム「Laid Back」から、「Heal feat.伊藤由奈, WISE, PJ, BIGGA RAIJI and Primary Color Allstars」なども、聴くことができる。
 
 Microは、2005年にユニットDef Techで、インディーズデビューを果たした。2007年9月に解散し、現在はソロで活動している。また、Yahoo!ミュージックのミュージックマガジンでは、Microの最新インタビューを公開中だ。新曲「踊れ」については、「今回のシングルからやっとMicroの人生、第2章の始まり」と語っている。
 
 「All Time 安藤裕子」では、独特の世界観を持つ、安藤裕子の楽曲を配信している。21日に発売されたニューアルバム「chronicle.」から、新曲の「HAPPY」や、小沢健二の曲をカバーした「ぼくらが旅に出る理由」を聴くことができる。
 
 安藤裕子は、2003年にミニアルバム「サリー」でデビュー。2005年には、「のうぜんかつら(リプライズ)」が月桂冠のCMソングに起用され、話題となった。「All Time 安藤裕子」では、同作も配信している。いずれも配信期間は6月22日まで。
《西香名子》

関連ニュース

特集

page top