富士フイルム、恋人同士ツーショット撮影機能「恋するタイマー」搭載デジカメ | RBB TODAY

富士フイルム、恋人同士ツーショット撮影機能「恋するタイマー」搭載デジカメ

IT・デジタル デジカメ

FinePix Z200fdシリーズ
  • FinePix Z200fdシリーズ
 富士フイルムは22日、2つのセルフタイマー機能を搭載したコンパクトデジタルカメラ「FinePix Z200fd」を発表。6月7日に発売する。カラーはピンク/シルバー/レッド&ブラック/ブラックを用意。価格はオープンで、予想実売価格は40,000円前後。

 「恋するタイマー」と「みんなでタイマー」の2つのセルフタイマー機能を搭載した光学5倍ズーム・手ブレ補正対応のコンパクトデジタルカメラ。恋するタイマーは、ツーショット撮影用のセルフタイマー機能で、被写体の2人の顔が「顔キレイナビ」により検出され、2人の顔の距離が接近したときに、セルフタイマーがスタートする。セルフタイマーがスタートする2人の顔の距離「ラブ度」は、「お友達」「仲良し」「ラブ」の3段階に設定が可能だ。

 みんなでタイマーは、被写体の人数を1人〜4人まで設定できるセルフタイマー機能。設定した人数分の顔を「顔キレイナビ」が検出した時点で、セルフタイマーがスタートする。そのほか、「旅行」「お気に入り」など、撮影シーン別に複数のフォルダに画像を保存できる「フォルダ分け機能」や、一度に100枚の画像を一覧表示する「マイクロサムネイル」などを採用する。

 撮像素子は1/2.3型 正方画素CCDで、有効画素数は1,000万画素。レンズは33〜165mmの光学式5倍ズームで、開放F値はF3.8(広角)〜F4.8(望遠)。シャッタースピードは4秒〜1/1000秒。記録メディアは内蔵メモリの約52MB/xD-ピクチャーカード 16MB〜2GB/SDメモリーカード/SDHCカード。ディスプレイは2.7型カラー液晶。バッテリーはリチウム電池でフル充電時の撮影枚数は約170枚。本体サイズは幅92×高さ55.7×奥行き20mm、重さは約134g。
《羽石竜示》

関連ニュース

特集

page top