日本HP、ミニノートPC「HP 2133 Mini-Note PC」を発表 | RBB TODAY

日本HP、ミニノートPC「HP 2133 Mini-Note PC」を発表

IT・デジタル ノートPC

「HP 2133 Mini-Note PC」
  • 「HP 2133 Mini-Note PC」
  • 「HP 2133 Mini-Note PC」
  • 英字キーボードを採用。主要キーは凸面、ファンクションキーは凹面加工を施している
  • L字ヒンジを採用
  • 天板も裏面もアルミ製
  • 角は丸みをつけたフォルム
 日本ヒューレット・パッカードは21日、ミニノートPC「HP 2133 Mini-Note PC」を発表した。サイズは27.2〜35.5mm×255mm×166mm、重量1.27kg(3セルバッテリー搭載時)。8.9インチの液晶(WXGA 1280×768)を搭載する。価格はハイパフォーマンスモデルが79,800円で、スタンダードモデルは59,850円。いずれも同社の直販ショップ「HP Directplus」にて6月上旬に発売する。

 現在ノートパソコンのマーケットは、メインマシン・据え置きタイプのものが主流で、同社も多くの製品をこのジャンルに投入している。一方で持ち運び用のモバイル製品はセカンドマシンとして位置づけられることが多い。今回の製品は、持ち運びに便利でありながらメインマシンとしての利用も狙った戦略製品ということができる。

 特徴のひとつは、デザインだ。天板も裏面もアルミ製で、角は丸みをつけたフォルムをとっている。また、カナ入力をするユーザーが少ないことから、英字キーボードを採用している。これは日本語キーを採用するとスペースキーなどがどうしても狭くなってしまうためで、同社でははじめての試みだ。そのキーボードも、ミニノートとは思えないほど違和感がなく打つことができる。92%QWERTYキー(17.5×17.5mm)となっており、よく見るとキーの中央がカーブを描いているのがわかる。主要キーは凸面、ファンクションキーは凹面加工を施しており、操作性に配慮している。さらに手前にあるタッチパッドは比較的大きめで、スクロールゾーンを犠牲にしないために、ボタンを手前左右ではなく、タッチパッドの両隣に配置しているのも特徴だ。さらに、タッチパッドの誤操作を防ぐために、オンオフボタンを装備し、オフの時はLEDで確認できるようにしている。

 堅牢性に対する特徴も見逃せない。同製品にはビジネスノートに採用されてるHDD保護機能のHP 3Dドライブガードを採用。また、使用しているうちにキーボードの印字が剥げてくるケースはよくあるが、特殊コーティングを施したというHP Durakeysを採用し印字が剥げにくくしている。さたにキーに関しては、デュポン社のマイラー(フィルム)を入れることで、液体が直に侵入することを防いでいるという。バッテリーは3セル(2.3時間)、6セル(4.6時間)。1.5時間で90%を充電するHPファスト・チャージ・テクノロジを採用している。

 CPUはVIA C7-M ULTで1.6GHzと1.2GHzを用意。HDDは160GBまたは120GBで、メモリは1GBまたは2GBとなっている。そのほか、メディアスロットはSDカードスロット、Expressカードスロット、無線LANを搭載する。

 モデルはスペックの違いによって2モデルを取り揃え、ハイパフォーマンスモデルの主要スペックがCPU:1.6GHz、メモリ2GB、HDD:160GB、無線LAN802.11a/b/g、Bluetooth搭載、バッテリ:3セル/6セル、カメラ:内臓、OS:Vista Business。スタンダードモデルはCPU:1.2GHz、メモリ1GB、HDD:120GB、無線LAN802.11b/g、Bluetoothなし、バッテリ:3セル、カメラ:なし、OS:Vista Home Basic。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top