日本HP、高速・低ランニングコストのビジネス向けインクジェットプリンタなど4モデル | RBB TODAY

日本HP、高速・低ランニングコストのビジネス向けインクジェットプリンタなど4モデル

IT・デジタル デジカメ

HP Officejet Pro K8600dn
  • HP Officejet Pro K8600dn
  • HP Officejet Pro L7590 All-in-One
  • HP Officejet J6480 All-in-One
  • HP Officejet H470
 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は16日、ビジネス向けインクジェットプリンタの新製品として、高速で低ランニングコストのA3対応モデルや大容量インク対応モバイルプリンタなど4モデルを発表した。

 「HP Officejet Pro K8600dn」は、高速プリントと低ランニングコストを実現したA3対応プリンタ。モノクロ最高35枚/分、カラー最高35枚/分の高速プリントができる。大容量4色独立インクを採用し、A4カラー文書1枚約6.3円の低ランニングコストを実現。また、A3の自動両面印刷に対応する。本体サイズは幅610×高さ223×奥行き500mm。重さは14.3kg。本日発売で、価格は39,900円。

 「HP Officejet Pro L7590 All-in-One」は、A4対応複合機のハイエンドモデル。モノクロ最高35枚/分、カラー最高34枚/分の高速プリント/コピーが可能。K8600dn同様に、大容量4色独立インクを採用し、A4カラー文書1枚約6.3円の低ランニングコストを実現する。

 自動両面印刷ユニットと両面スキャンが可能な50枚対応のADF(自動原稿送り装置)を標準装備。複数枚原稿の自動両面スキャン/コピー/ファクス送信ができる。また、ドキュメント管理機能として、スキャンした原稿をPDF/JPEG形式で本体メモリカードスロットのメモリカードやUSBメモリなどに直接保存することが可能。

 標準で250枚の給紙トレイを備え、オプションの給紙トレイを追加すれば最大600枚の大容量給紙が行える。本体サイズは幅525×高さ356×奥行き466mm。重さは15.54kg。6月上旬発売で、価格は34,860円。

 「HP Officejet J6480 All-in-One」は、コンパクトサイズで自動両面印刷と無線LAN対応のA4対応複合機。連続コピー/スキャン/ファクスが可能な35枚対応のADFと自動両面印刷ユニットを装備。有線/無線LAN(IEEE802.11b/g)に対応する。モノクロ最高31枚/分、カラー最高25枚/分の高速プリント/コピーが可能だ。本体サイズは幅476×高さ258×奥行き473mm。重さは8.6kg。5月下旬発売で、価格は19,950円。

 「HP Officejet H470」は、大容量インクが使えるA4対応モバイルプリンタ。デスクトッププリンタと共通の大容量インクを採用し、カラー/モノクロいずれかがインク切れしても片方のプリントカートリッジだけで印刷を継続できるインクバックアップ機能を搭載。持ち運びできるサイズながらモノクロ最高22枚/分、カラー最高18枚/分の高速プリントができる。オプションのバッテリを使用すれば外出先でも使用可能。本体サイズは幅340.2×高さ80.5×奥行き163.8mm。重さは2.09kg。本日発売で、価格は19,950円。
《近藤》

関連ニュース

特集

page top