ケータイ向け日本語入力「iWnn」発表〜機種変での辞書継続に対応、オムロンソフト | RBB TODAY

ケータイ向け日本語入力「iWnn」発表〜機種変での辞書継続に対応、オムロンソフト

 オムロンソフトウェアは13日、携帯電話向けとなる日本語入力システム「iWnn」(アイ・ウンヌ)をあらたに開発したと発表した。

エンタープライズ モバイルBIZ
上から 送信相手に合わせた予測変換・文頭を判断した予測変換、時間を判断した予測変換・文頭を判断した予測変換、時間を判断した予測変換
  • 上から 送信相手に合わせた予測変換・文頭を判断した予測変換、時間を判断した予測変換・文頭を判断した予測変換、時間を判断した予測変換
 オムロンソフトウェアは13日、携帯電話向けとなる日本語入力システム「iWnn」(アイ・ウンヌ)をあらたに開発したと発表した。

 Wnnは、オムロンや京都大学などの共同開発により1980年代に作られた日本語入力システムの1つ。UnixやWindowsなどでも利用されており、携帯電話向けとしてはすでに「AdvancedWnn」がある。

 今回開発された「iWnn」では、「intelligent」「individual」「integrated」「international」の4つの「i」をキーワードに、さまざまな機能が追加・強化された。

 「iWnn」では、季節や時節、送信相手入力時のシチュエーションを自動的に判断し、最適な予測候補を表示する「予測変換」が可能となっている。さらに時間を判断した予測変換、文脈に合わせた予測変換にも対応する。

 文頭の文字のみを入力し、後は読み長の分だけ「右キー」を入力することで該当語彙を予測する新UIも実現されている。電話帳や音楽DBなどの外部データから作成した外部辞書を利用することにより、電話帳やカレンダー、楽曲などの外部データを活用して、アーチスト名や知人・友人名などの語彙を動的に利用できるとのこと。

 また「iWnn」は、これまで不可能だった機種変更の際の辞書継続を可能にした。既存のAdvancedWnnの学習辞書をそのまま「iWnn」に活用可能なほか、別途の学習再生コンポを使って送信メール等のテキストを処理することで、携帯電話機種変更時に「iWnn」学習辞書を再構築することができる。多言語入力にも対応する。

 「iWnn」は、「組込みシステム開発技術展(ESEC)」(5月14日〜16日@東京ビックサイトにて開催)に展示される予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top