米ノベル、 マイクロソフトと協力しLinux管理ソリューションを拡張〜混在IT環境に対応 | RBB TODAY

米ノベル、 マイクロソフトと協力しLinux管理ソリューションを拡張〜混在IT環境に対応

 米ノベルは現地時間4月29日、ユーザが容易に混在IT環境を管理できるLinux管理ソリューションを、マイクロソフトと協力して開発すると発表した。

エンタープライズ その他
 米ノベルは現地時間4月29日、ユーザが容易に混在IT環境を管理できるLinux管理ソリューションを、マイクロソフトと協力して開発すると発表した。

 マイクロソフトは同日の「Microsoft Management Summit 2008」で「System Center Operations Manager 2007 Cross Platform Extensions」を発表したが、この拡張を進めるとのこと。WS-Managementなどの業界標準とオープンソース・ソフトウェアを活用し、SUSE Linux EnterpriseなどのLinuxディストリビューションの管理機能を提供するものだが、ノベルはマイクロソフトとの協業、業界標準、オープンソース・ソフトウェアを活用し、System Center Operations Manager 2007用の高度なLinux管理パックを開発していくとしている。

 さらにノベルは、オープンソース互換プロバイダを活用して、Novell ZENworksシステム管理製品のLinux管理機能を拡張する予定だ。

 マイクロソフトは、OpenPegasus ProjectのCommon Information Model Object Manager(CIMOM)を利用するとともに、管理データを収集し、管理サービスがこれを活用できるようにするオープンソースのコミュニティ互換プロバイダも提供していくとしている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top