松竹が映画配信を本格化〜「男はつらいよ」がネット初登場 | RBB TODAY

松竹が映画配信を本格化〜「男はつらいよ」がネット初登場

 松竹グループは、5月21日より映画配信サービス「松竹 ONLINE」を提供し、インターネットによる映画配信を本格化すると発表した。同社子会社である衛星劇場が運営する。

エンタメ その他
 松竹グループは、5月21日より映画配信サービス「松竹 ONLINE」を提供し、インターネットによる映画配信を本格化すると発表した。同社子会社である衛星劇場が運営する。

 「男はつらいよ」などのネット配信初登場作品をはじめ、小津安二郎監督の「晩春」「秋刀魚の味」や木下惠介監督の「二十四の瞳」といった巨匠が手がけた松竹映画より厳選し、インターネット配信するという。毎月10本から20本程度を追加し、初年度約200本を配信する予定だ。

 料金プランは、1作品367円で7日間視聴できる「単品コース」と、月額1,050円で毎週更新されるお勧め作品を自由に視聴できる「月額コース」の2プラン。月額コースには、映画鑑賞券の割引、試写会招待、映画撮影所見学などの特典も用意される。

 配信はストリーミング方式で、配信帯域は1Mbpsおよび3Mbpsの2帯域。5月21日よりサービスを開始し、以降、毎週金曜日に更新するという。

 2,000本以上の映画資産を抱える同社は、人気俳優や監督、著名人による名作紹介コンテンツやSNSといったネット機能を駆使し、映像資産の活性化を狙う。
《編集部》

関連ニュース

特集

page top