【Editor's Choice(液晶編2-1)】24インチワイドで自然な色再現——MultiSync LCD2470WNX | RBB TODAY

【Editor's Choice(液晶編2-1)】24インチワイドで自然な色再現——MultiSync LCD2470WNX

 「24インチワイドの液晶ディスプレイなんて、大きすぎるんじゃないか?」と最初は思っていたが、まったくそんなことはない

IT・デジタル その他
「MultiSync LCD2470WNX」
  • 「MultiSync LCD2470WNX」
  • 24インチになると、格段に作業領域が増える。
  • 90°回転可能なピボット機能を搭載
  • 各種メニューはジョイスティックのようなつまみで選択
  • チルト角度は上30°下5°
 「24インチワイドの液晶ディスプレイなんて、大きすぎるんじゃないか?」と最初は思っていたが、まったくそんなことはない。第1回目で副編集長が書いている通り、一度使ったら19インチなどのディスプレイには戻れないというのが感想だ。

 今回私が選択したのはNECディスプレイソリューションズの「MultiSync LCD2470WNX」だ。同社では幅広いディスプレイのラインアップを取り揃えるが、ホームページでは用途に合わせたカテゴリー分けがされている。そのなかで「MultiSync LCD2470WNX」はエンジニアのプロ向けとされている。しかし、当然ビジネスユースでも余裕で使えるスペックを装備している。有効表示領域518.4×324.0mm、表示画素数1920×1200、額縁部分の幅も20mm以下(実測)となっている。24インチサイズでは見つけるのがひと苦労であったのだが、同モデルもパネル部分を90°回転させることができる、いわゆるピボット機能を搭載している。

 アナログ信号のみに対応しているが、色信号に含まれる、”黒”に相当する信号を検出し、黒つぶれの少ない自然な色再現を行ったり、いち早くHDCP(High-bandwidth Digital Content Protection)に対応している。HDCPとは、ジタルコンテンツの保護を目的に開発されたデジタルコンテンツ暗号化方式だ。デジタルコンテンツを出力する機器と入力する機器の間で認証が行われ、コンテンツを安全に伝送できるようになる。

 設定ボタンは画面下に用意されているが、各種メニューはジョイスティックのようなつまみで上下左右に動かすことにより選択するため、より簡単にメニュー移動ができる。このなかにはDV MODEが用意されている。これは“スタンダード”“テキスト”“ムービー”“ゲーム”“フォト”の5種類が用意されており、表示する内容に合わせて最適画質のモードが選択できる。

 画面の高さは最大約110mm(台座上から実測)まで伸ばすことができ、チルト角度は上30°、下5°スイーベル角度は340°となっている。この上下左右への調整がスムーズに行えるのはありがたい。

 さて、冒頭に述べたように今回の製品はピボット機能を搭載している。時計周りに90度回転することが可能だ。ピボット機能は付属のユーティリティーディスクをインストールすることで可能となる。しかし、このディスプレイを返却する前に、ユーティリティーをアンインストールしてしまった。ところが、筆者のマシンはマザーボードはnVIDIAのチップセットを使っている(GeForce 6150)ので、下記のようなNVIDIAコントロールパネルというものが表示され、ここで、ディスプレイの回転操作が可能だったのだ。ピボット機能をいったい何に使うのか?と疑問に思う人もいるかもしれない。しかし、WEBの閲覧やHTMLソースの確認などには非常に便利だ。24インチともなると縦にしたときにスクロールもそれほどする必要もなく快適だ。





 また、24インチにすることで作業効率は格段にアップする。よくレビュー記事では「ウィンドウを2つ並べて……」などという表現を見かけるが、それよりも物理的な作業範囲が広くなることで、余分な操作がなくなるのが大きいだろう。

 実は、同社ではピボット機能を搭載した製品として、他にLCD2490WUXi(BK)というキャリブレーション対応モデルも用意している。デザイン現場で使いたいというプロは、こちらを選択するのもありだろう。

●SPEC
・サイズ(表示サイズ):24.1型(61.1cm)
・有効表示領域:518.4×324.0mm
・表示画素数:1920×1200
・画素ピッチ:0.270mm
・表示色:約1677万色
・視野角(標準値): 左右176°、上下176°(コントラスト比10)
・輝度 (標準値):500cd/m2
・コントラスト比 (標準値):1000:1
・応答速度:16ms(G to G 6ms)
<PC入力>
・水平周波数:31.5〜93.9KHz(アナログ)、31.5〜91.1KHz(デジタル)
・垂直周波数:56〜85Hz(WUXGA:60Hz)
・ビデオ信号:デジタルRGB、アナログRGB
・同期信号 セパレート同期信号(TTL)、コンポジット同期信号(TTL)、シンクオングリーン
・信号入力コネクター:DVI-D(HDCP対応)、ミニD-SUB15ピン
・使用環境条件:温度 5〜35、湿度:30〜80%(結露のないこと)
・電源:電源入力 AC100-240V、50/60Hz
・消費電力:通常動作時 104W(USB動作時) 、パワーセーブ時 2W以下
・質量 ディスプレイ本体 スタンド含む:約12.4kg、スタンドなし約8.3kg
・梱包状態(質量/寸法):約15.7kg/657(W)×527(H)×378(D)mm
・チルト角度/スイーベル角度:上30°、下5°/340°
《RBB TODAY》

特集

page top