富士フイルム、40型以上の液晶テレビ用「偏光板保護フィルム」工場が今月末稼働 | RBB TODAY

富士フイルム、40型以上の液晶テレビ用「偏光板保護フィルム」工場が今月末稼働

 富士フイルムは、神奈川工場足柄サイト第4工場を今月末より稼動させ、40型以上の大型液晶テレビの生産に適した超広幅「フジタック」の生産を開始する。

IT・デジタル テレビ
液晶テレビ用「偏光板保護フィルム」
  • 液晶テレビ用「偏光板保護フィルム」
 富士フイルムは、神奈川工場足柄サイト第4工場を今月末より稼動させ、40型以上の大型液晶テレビの生産に適した超広幅「フジタック」の生産を開始する。液晶テレビの大型化に適した材料のニーズが急速に高まっていることに対応するものだ。

 液晶テレビは、画面の大型化とその性能向上により世界的に需要が拡大しており、今年は全世界で約1億台の出荷が見込まれている。中でも40型以上の大型液晶テレビにおいては、前年比約60%増と急速な伸長が予想されている。

 「フジタック」は偏光板保護フィルムとして液晶ディスプレイに不可欠な材料。今回稼動する新工場では、1,960〜2,300mmの超広幅「フジタック」を生産する。

●工場の概要
・工場名:神奈川工場足柄サイト第4工場 
・建設場所:神奈川県南足柄市中沼210番地
・投資金額:約240億円 
・生産品目:フジタックおよび機能性フィルム
・生産能力:年間50百万m2以上 
・延べ床面積:27,100m2
《羽石竜示》

関連ニュース

特集

page top