日立、従来比65%もの省電力効果を持つクライアントブレードと省電力ソフトウェア | RBB TODAY

日立、従来比65%もの省電力効果を持つクライアントブレードと省電力ソフトウェア

エンタープライズ モバイルBIZ
クライアントブレード FLORA bd100
  • クライアントブレード FLORA bd100
 日立製作所は16日、シンクライアント技術を活用して情報漏えいを防止する「セキュアクライアントソリューション」において、省電力性能に優れたクライアントブレード「FLORA bd100」、およびユーザーに合わせた省電力設定を行うことが可能な省電力運用ソフトウェア「SAVINGDA Pro」を発表した。価格は、FLORA bd100クライアントモジュールが12万3,900円から、ベースユニットが21万円から、SAVINGDA Proが5.250円から。いずれも出荷は5月23日に開始される。

 FLORA bd100は、クライアントPCの機能をブレード型の装置に集約したもの。新モデルではインテルCore 2 Duoプロセッサーなど最新のコンポーネントを採用し、処理性能と省電力性能を向上させている。FLORA bd100、SAVINGDA Pro、およびセキュリティPC「FLORA Se330」を組み合わせることで従来PCと比較して最大65%もの省電力が可能となる。

 SAVINGDA Proは、あらかじめ設定したスケジュールに沿ったコンピュータの電源管理や省電力効果の可視化など、コンピュータの省電力に役立つ機能を提供するソフトウェア。消費電力の削減にくわえ、コンピュータの電源投入やスキャンディスクの実行、ウィルスワクチンソフトの適用などを業務開始前に完了させておくことも可能だ。
《富永ジュン》

関連ニュース

page top