日立、金融機関を中心に「大量高速データ処理ソリューション」の提供を開始 | RBB TODAY

日立、金融機関を中心に「大量高速データ処理ソリューション」の提供を開始

 日立製作所は9日、10日から銀行や証券といった金融機関を中心に「大量高速データ処理ソリューション」の提供を開始すると発表した。

エンタープライズ その他
 日立製作所は9日、10日から銀行や証券といった金融機関を中心に「大量高速データ処理ソリューション」の提供を開始すると発表した。2010年までに400億円の販売を目指す。

 証券取引業務などを中心に、ミリ秒レベルと呼ばれる超高速なシステム応答性能を実現するシステムの開発競争が激化するなか、超高速トランザクションシステム構築と超高速バッチシステムの実現で先手を打つ。まずコンサルティングによりシステム設計を行い、株式市場などでの適用が検討されている超高速データ処理のための「インメモリデータ処理技術」や「グリッド処理技術」、「イベントストリーム処理技術」といった技術に対応した統合システム構築基盤「Cosminexus」製品群を活用してオンラインシステムやバッチシステムを構築。稼動後の保守サポートまでをワンストップで提供する。

 これにより、例えば、証券取引システムなどで求められる超高速のオンライン取引システムや金融システム向け超高速トランザクションシステムなどが構築できるほか、大量のデータでも従来に比べ大幅な処理時間の短縮が可能な超高速バッチシステムを実現できる。また、不正取引の監視やポジション管理など、従来バッチ処理で行うことが多かった業務のリアルタイム処理が可能なシステムの構築も可能。従来は日次単位でしか行えなかったような分析も、リアルタイムに実施可能となる。

 同ソリューションではインメモリデータ処理技術に対応した高速トランザクション処理基盤製品「uCosminexus TP1/Server Base Extreme Transaction Platform」、高速バッチ処理基盤製品「uCosminexus Batch Job Accelerator」、イベントストリーム処理技術対応のリアルタイム処理基盤製品「uCosminexus Stream Data Platform」、インメモリ・グリッド技術対応の高速データ処理基盤製品「GemFire Enterprise」の4製品を発表した。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top