J:COM、モトローラのCMTSとケーブルモデムソリューションを導入〜160Mbps超高速サービスで採用 | RBB TODAY

J:COM、モトローラのCMTSとケーブルモデムソリューションを導入〜160Mbps超高速サービスで採用

ブロードバンド その他
SB6120ケーブルモデム
  • SB6120ケーブルモデム
  • BSR 64000 ケーブルモデム・ターミネーション・システム
 モトローラは7日に、ジュピターテレコム(J:COM)のサービスにおいて、モトローラのチャンネル・ボンディング技術が採用されたことを発表した。

 J:COMが提供中の160Mbps超高速インターネットサービス「J:COM NET ウルトラ 160Mコース」において、モトローラのDOCSIS 3.0準拠のBSR 64000 ケーブルモデム・ターミネーション・システム(CMTS)/エッジルータおよびSURFboard SB6120ケーブルモデムが導入される見込み。モトローラのDOCSIS 3.0準拠CMTSチャンネル・ボンディング・ソリューションは、ソフトウェアのみのアップグレードでチャンネル・ボンディングに対応できるなどのメリットがあり、ケーブルテレビ事業者はチャンネル・ボンディング技術により、既存のHFC(Hybrid Fiber Coax:光同軸ハイブリッド)ネットワークのアップグレードが必要なく、経済的に100Mbps超のブロードバンド・サービスを加入者に提供することが可能となる。これにより、J:COMは現在導入されているDOCSIS 1.x /2.0のケーブルモデムでのサービスを継続しながら、加入者に高度なインターネット・サービスを提供できるようになるとのこと。

 J:COM 商品戦略本部 副本部長 兼技術開発部長の吉原辰也氏は「モトローラはケーブルとDOCSISチャンネル・ボンディング技術に関する深い知識を持つ、ケーブルテレビおよびビデオネットワーク関連業界におけるリーディングカンパニーです。J:COMがお客様に提供する最大160Mbpsのインターネット・サービスに、モトローラのDOCSIS 3.0準拠ソリューションを採用することにしました。モトローラのDOCSIS 3.0ソリューションは、まさに次世代ブロードバンドの基盤を提供するものであり、当社では、ブロードバンドのサービス・ラインナップを大幅に拡充できるだけでなく、現在提供しているDOCSISソリューションへの既存投資を有効に活用することもできます。」とのコメントを寄せている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top