ニコ動、JASRACと包括契約、投稿動画に管理楽曲の利用がしやすく | RBB TODAY

ニコ動、JASRACと包括契約、投稿動画に管理楽曲の利用がしやすく

ブロードバンド その他
 1日、ドワンゴは子会社であるニワンゴが運営する「ニコニコ動画(SP1)」と「SMILEVIDEO」について、日本音楽著作権協会と同団体の管理楽曲の利用許諾について、条件合意と契約締結について発表した。

 この契約により、ドワンゴは「ニコニコ動画」に関する収益の一部をJASRACに納めることで、楽曲の権利者に還元する。包括的な契約なので、どの楽曲が何回利用されたかといった個別の課金ではなく、ヤフーやソニーなどとの契約とほぼ同様なものとなっていると思われる。テレビ局なども一般的にこの形態の契約だ。

 これによりユーザーは、JASRAC管理楽曲なら、個別に許諾を得なくても演奏したり歌ったりした動画をアップすることができるようになる。ただし、管理楽曲であっても、テレビ番組やプロモーションビデオなどをそのまま無断でアップすることはできない。
《中尾真二》

関連ニュース

特集

page top