「Sophos Endpoint Security and Control」がWindows Server 2008/HP-UX 11i v3に対応 | RBB TODAY

「Sophos Endpoint Security and Control」がWindows Server 2008/HP-UX 11i v3に対応

 ソフォスは27日、同社の統合セキュリティ対策ソリューション「Sophos Endpoint Security and Control」の対応OSの強化を行い、Microsoft Windows Server 2008に対応したと発表した。

エンタープライズ その他
 ソフォスは27日、同社の統合セキュリティ対策ソリューション「Sophos Endpoint Security and Control」の対応OSの強化を行い、Microsoft Windows Server 2008に対応したと発表した。また、HP-UX 11i v3(Itanium 2プロセッサ対応)のサポートも3月31日から開始される。価格は100ユーザー・1年間の場合5,200円/1ユーザー(税別)。

 Sophos Endpoint Security and Controlは、ウイルス、スパイウェア、ワーム、
アドウェア、不正侵入対策機能にくわえ、企業内ネットワークにおけるアプリケーション使用をコントロールする機能を備える。独自のGenotye(遺伝子型脅威検知)テクノロジーにより、マルウェアの亜種や新種をプロアクティブに検知し、Microsoft Active Directoryと連携してきめ細かいポリシー設定が行える。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top