日立、“グリーンIT”を駆使した新データセンターを横浜に建設〜グループ総力を結集 | RBB TODAY

日立、“グリーンIT”を駆使した新データセンターを横浜に建設〜グループ総力を結集

エンタープライズ その他

新データセンター 完成イメージ
  • 新データセンター 完成イメージ
 日立製作所は26日、横浜のデータセンターを拡張し3棟目のデータセンターを建設することを発表した。地上7階、高さ31m、敷地面積5,829平方メートル(既設用地含め、19,961平方メートル)、延床面積10,782平方メートル(既設建物含め、38,241平方メートル)と、日立グループ最大規模のセンターとなる見込み。

 新データセンターは、日立グループのデータセンター省電力化プロジェクト「CoolCenter 50」の成果を適用し、最先端のグリーンIT技術を駆使した世界最高水準の環境配慮型データセンターとなる。サーバへの直流電源供給や水冷サーバ・水冷ラックなどにも対応可能な建築構造、日射遮蔽効果により夏季の温度を最大3低減するビル屋上の緑化を採用するほか、グループ内の高効率設計の空調設備「FMACS-V(エフマックス-V)」や無停電電源装置「UNIPARA(ユニパラ)」、変圧器「SuperアモルファスXシリーズ」などの電気設備などを全面的に採用する。IT機器の配置においては3次元熱流体シミュレータ「AirAssist(エアアシスト)」を用い最適化することで消費電力量を20%削減するとともに、Harmonious Greenプランの成果であるエコロジーサーバなどの省電力IT機器も取り入れるとのこと。これにより2012年までに消費電力量を最大50%削減する見込み。データセンターの電力使用効率を示す指標PUE(Power Usage Effectiveness)において「1.6以下」を実現する。

 セキュリティにおいても、指静脈認証やICカードによる個人認証対応の入退管理システム、カメラと連動した防犯センサ、共連れ防止システムなどの最新のセキュリティ技術を実装し、ハイレベルなセキュリティ環境を実現するとしている。

 なお、新データセンターは2008年4月に建設を着工し、2009年7月からサービスの提供を開始する予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top