オンキヨー、「AQUOS/VIERA/REGZA」とリンクできるシアタースピーカーラック | RBB TODAY

オンキヨー、「AQUOS/VIERA/REGZA」とリンクできるシアタースピーカーラック

 オンキヨーは25日、シャープ製液晶テレビ「AQUOS」、松下電器製テレビ「VIERA」、東芝製テレビ「REGZA」と連動するシアタースピーカーラック「CB-SP1380」と、5.1chアンプ内蔵サブウーハーシステム「DHT-9HD」を発表。

IT・デジタル その他
シアタースピーカーラック
  • シアタースピーカーラック
  • 5.1chアンプ内蔵サブウーハーシステム
 オンキヨーは25日、シャープ製液晶テレビ「AQUOS」、松下電器製テレビ「VIERA」、東芝製テレビ「REGZA」と連動するシアタースピーカーラック「CB-SP1380」と、5.1chアンプ内蔵サブウーハーシステム「DHT-9HD」を発表。4月26日に発売する。価格はオープンで、予想実売価格は69,800円、49,800円。

 シアタースピーカーラックは、フレームなどを薄型最適化し、クリアな高域再生を実現する「2.5cmバランスドームツィーターや、超薄型構造で力強い低音再生の「30×4cmワイドトラック型ウーハー」を搭載。映画館のスクリーン裏に配置されたスピーカーと同様に、フロント3chスピーカーを同一線上に配置する。外観は高光沢ピアノ仕上げになっている。再生にはオプションサブウーハーDHT-9HDが必要。

 リンク対応テレビは、2008年4月以降のAQUOSファミリンク対応の液晶テレビ「AQUOS」、松下電器製ビエラリンク対応テレビ「VIERA」、東芝製レグザリンク対応テレビ「REGZA」。

 周波数帯域は50Hz〜50kHz。インピーダンスは6Ω。本体サイズは幅1,380×高さ447×奥行き436mm、重さは42kg。

 5.1chアンプ内蔵サブウーハーシステムは、最新のサラウンド音声を再現できる「ドルビーTrueHD」「DTS-HDマスターオーディオ」デコーダーを装備。また、高品位な低音増強を可能にするバスレフ技術「エアロ・アコースティックドライブ」を搭載する。

 実用最大出力は30W×5ch+60W、ユニットは16cmOMFコーン。HDMI×3。音声入力端子はアナログ×2、デジタル×3。本体サイズは幅207×高さ325×奥行き327mm、重さは10.6kg。
《羽石竜示》

関連ニュース

特集

page top