NEC、ベストエフォート型ネットワーク上の大規模仮想網でのサービス品質制御技術 | RBB TODAY

NEC、ベストエフォート型ネットワーク上の大規模仮想網でのサービス品質制御技術

エンタープライズ その他

 日本電気は13日、ベストエフォート型ネットワークにおいて、動画像配信や大容量データ転送など通信サービスごとの特性に応じた品質制御を大規模に実現する技術を開発した。

 今回開発された技術は、既存のインターネット上の通信拠点へ配備された品質制御装置により仮想的に構成されるネットワークに対し、通信拠点間を接続する各回線の品質情報とユーザが送受信する通信ひらふぃっくの一部を用いて効率的に計測する方式、計測した品質情報を各拠点に置かれた品質制御装置間で交換するためのメッセージ量を削減する方式の2方式を適用することにより、サービスごとの効率的な通信品質制御を実現するもの。この技術により、従来は10〜20拠点程度の小・中規模ネットワークへの適用が限界だった、仮想網を使った通信品質制御が100拠点程度の大規模ネットワークにも適用可能となった。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top